2008年11月20日

ペロ〜ン



若干ムッチリさせすぎた。ミリ姉さんの神がかったフトモモは再現不可能
細いのに柔らかそうで、引き締まっていて、それでいて女の子らしい…

↓の記事(ミリアとヒルダと時々オフィーリアのちリガルド)のイラストに着色したものです

これ塗ってて思ったけど、白黒のイメージで描いたものは白黒のがいい気がしました

次はロザバンのみぞれちゃんを描かせていただきますので、期待しないで待っててくださいね〜


リガルド、シリーズ初登場を記念して(?)ちょっとした設定などおさらい&公開

舞台:スタ府立クレイモア高校
制服(女子):ブレザー、赤ネクタイ、赤のプリーツスカート
       靴下は白か黒、無地、またはワンポイントも可
       式典時には黒のジャケット(冬服)着用だが、平時は比較的自由
制服(男子):ブレザー、赤ネクタイ、黒のズボン。以下女子と同様

ミリア:ちょっと人見知りのあるおとなしめの女の子。勉強もスポーツもできる
    あまり目立たないけどちょっと気になる可愛い優等生。意外と結構モテる
    今回はパンツを披露してるけど、普段は体育のない日でも(半ばスパッツ代わりに)ブルマ着用
    よくパンツを見せてしまう傾向にあるのでパンチラ対策に愛用している
ヒルダ:面倒見が良くてしっかりした可愛い女の子。主にミーちゃんのお世話
    おっとりしていて人当たりがいいので、みんなに好かれるタイプ。意外と天然
    ツッコミでもボケでもなく傍観といったポジショニングをとるが、天然なのでややボケ寄りか?
オフィーリア:可愛らしく猫をかぶっているが、どこかしら発せられるSっ気にあふれている
       基本さみしがり屋。みんなの輪にまざってかき回すのが好き
リガルド:特技は猫化。幼なじみメンバー唯一の男
     幼い頃はオフィちゃんの悪の手先としてミーちゃんヒーちゃんにちょっかいをだしていた
     そのためか未だにオフィちゃんには頭が上がらない
     ぬこになるとオフィちゃんに陰湿ないじめを受けたりもしていたが
     女の子に可愛がられたり、いろいろ美味しい部分もあるのでやめられないでいる
     ぬこの正体を知るのは幼なじみの3人だけなので
     他のクラスの体育の時間にぬこに化けて女子更衣室に忍び込むことも
タバサ:隣のクラスの美人の女の子。一見大人しそうで、優等生的な空気を持つが成績は芳しくない
    手先が器用で絵も上手い。大好きなミリアをネタにエロめの同人誌を発行している
    ミリアスキーではあるがヒルダ、オフィーリアとも仲がよく、自ら描いた同人誌を横流ししている


オフィちゃんは(家は近いけど)小中と校区が違って
別の学校に通っていたので幼なじみ仲良しメンバーの中じゃちょっと浮いている感じ
オフィちゃん自身、そのことを敏感に感じ取っていて
そのさみしさからかついついキツイことを言ってしまったりいたずらしたり…

ミーちゃんがちょっと人見知りがあるというのもあって
高校入学時、交流が少なくなっていたオフィちゃんに対しても人見知りしてしまう
オフィちゃんにはそれがショックで、すっかりうちとけた今でもやたらミーちゃんに絡もうとする

ヒーちゃんはそんな2人の中和剤みたいな存在

リガルドも中学は私立の男子校に通っていたが
学年トップのイースレイのパシリに甘んじる日々に耐え切れず
地元の名門府立高校へと進学を決め、今に至る

今度は幼なじみのガキ大将的存在だったオフィちゃんの軍門に下ることになるのだが
天性の女好きのリガルドにとっては、女の尻に敷かれるのは別に苦痛ではない

キャラ間の呼び方は

ミーちゃん→ヒルダ(ヒーちゃん)、オフィーリア(オフィちゃん)
      リガルド、タバサ(タバにゃん)
ヒーちゃん→ミリア(ミーちゃん)、オフィーリア(オフィちゃん)
      リガルド、タバサ
オフィちゃん→ミーちゃん(ミリア)、ヒーちゃん(ヒルダ)
       リガちゃん(ぬこ)、タバサ
リガルド→ミリア、ヒルダ、オフィーリア(オフィちゃん)
タバサ→ミリア、ヒルダ、オフィーリア

()内はたまに遣うって感じの設定だったけど
結構ミーちゃん、ヒーちゃんといった愛称で呼び合う場合が多かったりしてますね

長々とお付き合い、ありがとうございました
posted by eco at 22:51 | Comment(0) | らくがき
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。